今の時期によくみられる光景


dsc_0045-1

神流町では、定年を過ぎた方は、「農業」に取り組むことが多いです。
(定年前までは、他の職業についているのですが、定年を過ぎると農作業に興味が出てくる方が多いようです。)

あくまでも定年を過ぎたあとの時間を過ごすために農業を行っているので、職業として取り組んでいるわけではありません。

そのような感じで、高齢者の方が、農業に取り組むことが多いので、今の時期になると「冬野菜」や「柿」を干していたり、玄関先に並べている家をよく見かけます。

そのため、住民は、「今年は、いい柿が出来ましたね」とか、「お宅は、白菜をうまく作りますね」なんていうことを話題にしたりします。

ほのぼのとして、良い光景だと私は思っています。